バリカサグ島 入島制限 情報

2014年11月からパングラオ島モリンシパル(郡)にて始まったバリカサグ島規制は
2015年4月から実施になりました。
2017年7月現在・・順調に進行していたのですが、
規制を守らないショップがあるようで、もう一段階規制が厳しくなりました。
【~バリカサグ島珊瑚の保護のためご理解とご協力を頂けましたら幸いです~】

現状: 2017年
7月11日現在

■2017年 7月11日から事前予約にCカードコピーが必須となりました。
 Cカードが届くまで予約ができません。

 スキャナー可能/携帯の写真でも可能(できるだけ大きめ)
 旅行会社もしくはGOODダイブショップへ直接Eメール添付で送ってください。
 info@gooddive.jpまでメールをお願いします。
 ※データーはきちんと管理しますので、最初の1回目だけで2回目以降は不要です。
 ※顔写真のないCカードに関してはパスポートコピーが必要です。

■ダイブショップは1日1ボートに限定:

 GOODダイブショップでは1日10名様限定となります。

■1日2ダイブまでに限定:

  3ダイブ目はドルフォ or モモ or ナパリンへ移動となります。

■1週間7日の内5日間の予約が可能。

 バリカサグにボートが出せない日がありますので、ご希望日は承りますが、
 日程指定は不可となります。

■キャンセルは正式な書類が必要  

 病院の証明書/フライト遅延/高速艇遅延などの提出が必須となっています。

■最小催行人数は基本2名様以上です。1名様でも対応させて頂きますが、
  日程の指定は不可とさせて頂きます。

現状: 2015年
2月1日時点

■2015年 4月6日からダイバー規制開始 完全事前予約制度となりました
■バリカサグ事前予約がない場合、バリカサグ島へはいけませんのでご了承ください。
 事前予約は、2週間前までに旅行会社さんへの事前連絡、
 もしくはinfo@gooddive.jpまでメールを必ずお願いします。
■2016年2月現在、カメラフィー250ペソの徴収は始まっていませんので、
 ゲスト様には集金をしていません。役所が開始した時点でご請求させて頂きます。
■2016年2月現在、 2週間前にはバリカサグの予約が満員になります。
 ダイビングご希望日の16日前にはご連絡をお願いいたします。
■3泊5日~4泊5日のパッケージで1日はバリカサグのスケジュールを立てますが、
 2日以上は予約ができない可能性がありますので、ご了承ください。

バリカサグ島 入島制限 内容

■ダイバーの人数制限
 バリカサグ島を5つの区間に区分けをして、各ダイブサイト 1日 60ダイブに制限する。

 <※1人が2ダイブで1ダイビングサイト30人 / 1人が3ダイブで1ダイビングサイト20人>
■予約は2週間前から:予約後基本キャンセル不可。(天候理由でのキャンセル可能)
■エントランスフィー250ペソ/カメラフィー250ペソ徴収開始
グローブの禁止
■1ダイビングショップ1日10ダイバー最大予約可能
■全バンカーボートの登録制 登録終了
■Trancient Diveshop登録 登録終了
■バリカサグ島だけでなく、パングラオ島全体の区分け、別途ダイビング料金の徴収対象


2015年 入島制限 実施までの過程

<実施までの手順をわかる範囲で記載>
①公聴会(パングラオ島ダイビングショップを中心に意見交換)
②パングラオ島 プライベート オーガナイゼーション設立
③バリカサグ島 入島制限ストラクチャー(基本構成)書類完成
④パングラオ島 市長の署名
⑤ボホール州知事の署名
⑥パングラオ島 市役所に書類が戻る
⑦施行開始 最終準備中
⑧テストランニング
⑨完全施行【今現在】2015年4月6日

GOODダイブショップとしての対応

■バリカサグ島のお申し込み 事前ご予約制となります。
■4泊5日ダイビング3日間につき1日と予約制限をさせて頂きます。
■入島料250ペソ カメラフィー250ペソをゲスト様に別途徴収をさせて頂きます
■グローブ禁止・支持棒禁止に関してはご協力お願いいたします。
■体験ダイビング・オープンウォーター講習中のバリカサグ実施はできません。

もろもろ・・・つぶやき・・・・

バリカサグ島の規制問題・・いよいよ開始されました。
情報不安定なバリカサグの事前予約システムではありますが、
今後もきちんと情報を管理しつつ、きちんとゲスト様がバリカサグ島で
遊べる体制を確立していきます。

GOODダイブショップ 代表 神田真児