安全ダイビング方針

基本 ダイビングガイドライン

世界最弱のダイブショップを目指し続ける。
Goodダイブショップの安全宣言。
ダイビングに自信の無いゲスト様・年齢の高いゲスト様でも更に安全に安心して
潜っていただけるように、

ダイブコンピューター中心のガイドでなく
ダイブテーブル中心のガイドしています

世界一浅いダイビングを目指すGoodダイブショップでも
2006年の4月にGOODダイブショップで潜って減圧症になってしまった
ゲスト様が 残念ですが実際にいらっしゃいます。
そのことをきっかけに暫く考え続け 更に安全なダイビングを目指し、
更にボホールの良い場所を見て頂く、 その為のガイドラインをここに紹介。

ダイビングプラン

PADIレクレーショナルダイブテーブルの範囲以内でガイドは潜ります。
ダイビングコンピューターをお持ちのゲストも通常Goodダイブショップでは
絶対に減圧不要限界を超えることはありません。
しかし更に、RDPの限界を超えないダイビングプランに従って 潜りたいと思います。

●1日の基本ダイブプラン
1本目 18mに40分 Pダイバー 60分水面休息 Eダイバー
2本目 15mに40分 Uダイバー 60分水面休息 Gダイバー
3本目 10mに40分 Oダイバー 
※飛行機の搭乗時間までに18時間より更に長い水面休息を取ります。
※1日4本のダイビング、ナイトダイビングはGoodダイブショップでは 行いません。

●ゲストのレベルや全体スケジュールによって40分以上潜ることは可能です。
その場合でも35分を過ぎた後は安全停止として、
35分経ったときは 水深5mより浅く必ずガイドはいます。
ボホールエリアは5mのところに美しい珊瑚が沢山あります。
その珊瑚を見ながらゆっくり安全停止をしましょう。
※ダイブテーブル上、浮上時間、安全停止は潜水時間に 換算されません。
※飛行機搭乗時間により、40分でお願いするときもありますので
 ご了承くださいませ。

飛行機の搭乗時間に関して

最終日飛行機搭乗前水面休息時間はPADIの基準に合わせ
18時間前 までに必ず最終ダイビングを終了させる。
■2015年夏季スケジュール

便名 出発場所 出発時刻 18時間前 エキジット予定
PR2774 ボホール 11:15AM 05:15PM 01:00PM
PR434 セブ 08:00AM 02:00PM 01:00PM


Goodダイブショップでは最終日のエキジットは1時とします。
成田直行便でお帰りのゲストのカビラオ~ヒルトガンチェックアウトは
エキジット時間が2時前となります。
18時間ぎりぎりとなりますので マニラ経由のゲストのみに開催させていただきます。
ダイビング業界の中では24時間の水面休息を奨励する と言う事実はあります。
これはゲストの皆さまの判断にお任せいたします。

GOODダイブショップはPADIのメンバーとして18時間より長い搭乗前規則に従います。
体調が良くないと思われるゲストは最終日のダイビングは
キャンセルするのも 一つの安全策だと思います。
ダイビングは遊びです。無理せずに楽しんで 頂けるのが一番だと思っています。
最終日を2本で終了すると11時前にはエキジットします。


ダイブコンピューターの所有のお勧め

全てのゲストの皆さまにダイブコンピューターを所有する事はお勧めいたします。
いつもガイドと同じ水深を確実に維持するのは難しいです。
気がつけば、深く行ってしまった等の場合の事を考えますと
各自にダイブコンピューターを持つ事はお勧めします。
ダイビングコンピューターをお持ちでないゲストは
ガイドより浅い水深にて 潜っていただけるようにお願いいたします。

いつでもどこでもキャンセルOKです

ダイブテーブルに従って潜っても、
体調が悪ければ減圧症の可能性は 大きくアップします。
Goodダイブショップではいつ何時、いかなる理由でも ダイビングを
キャンセルできるようにしてあります。

バリカサグ島、カビラオ島など追加料金の掛かる場所では、
ポイントについて キャンセルしても、朝にキャンセルしても、
キャンセル料金は一切掛かりません。

ダイビング途中で気分が悪くなった場合は
必ずバックアップを 付けておきますので、いつでも浮上合図を頂けたら、
途中でもエキジット 出来るようにしておきます。

※旅行会社、パッケージの日本支払い済みに関しては、払い戻しは出来ません。
この点だけはご了承ください。


水分補給作戦

各ダイビングの水面休息は1時間取ります。
その間は、のんびり休憩してくださいませ。
ボートの上にはミネラルウォーターとお茶を常時用意しておきます。
スタッフにご遠慮なく、飲み物は沢山飲んでください。
水面でのスノーケリングは良いですが、スキンダイビングはご遠慮ください。
ペットボトルをお持ちのゲストは、ダイブショップの前にミネラルウォーターサーバーが
常時置いてありますので、そのミネラルウォーターでペットボトルを満たして
ボートにお持ちいただくことも可能です。

安全停止

GOODダイブショップの潜るボホールエリアは浅場の珊瑚が
自慢のダイビングポイントです。5mの安全停止は長く取る予定です。
浅場の珊瑚をゆっくり見て窒素もしっかり抜いて潜りましょう。
中性浮力に自信の無いゲストはボートから潜降ロープが降ろしてありますので
その潜降ロープに掴ってのんびり安全停止。
一般論的に安全停止は3m~6mの間といわれます。
その中間値の5mというのが一般論です。
浅場で見ることのできるボホールらしいお魚を堪能してください。

最後に

ボホールダイビングエリアに関しては 深場に潜る必要は余りありません。
浅場の珊瑚、珊瑚に群れる魚たち、 ボホールらしい、ボホールにはよくいるけど、
他のポイントでは余り見ることの 出来ない魚を皆さまにご紹介していけたらと思っています。
バリカサグ島のバラクーダ・ギンガメアジも水深10mで十分に見ることが可能です。
初心者から上級者まで楽しんでいただけるポイントです。

どうしても深場に潜りたいゲストはGOODダイブショップは不向きになってしまいます。
申し訳ありません。深場のダイビングが得意なショップをお勧めいたします。
確かに深場に珍しい魚はいます。
ただ、その魚たちは他の国、他のダイブポイントでは
浅い場所で見れることもある魚である事もあります。 ボホールは魚の宝庫です。
浅場でも十分に楽しめるだけの魚がいますので
今までと変わらぬボホールのダイビングを楽しんでいただけたらと思っています。

世界一浅く、ゲスト様の体に窒素が溜まらない様に今までも配慮してきたつもりでしたが
実際に減圧症になってしまったゲスト様がいらっしゃいます。 とても残念でした。
今までの、経験上ありえないとは最初思いましたが、実際に起こったことが全ての事実です。
Goodダイブショップは更に、安全基準を守りながら、
皆さまに、ボホールという町も、海も十分に堪能して帰っていただけるように
今後ともスタッフ一同頑張って行きたいと思います。

Goodダイブショップ 代表 神田真児 2006年10月15日